ホームセンターはワンダーランドだった

DIY lifeを始める前の僕にとって、ホームセンターは単に日用雑貨を買いに行くところでした。ところがその気になって店内を見渡してみると、それまで全然目に入らなかった気になるものが山のようにあったのです。

資材館ってなんだろう

前にも紹介した2x(ツーバイ)材ばかりではなく例えば杉やヒノキ、合板類などのあらゆる木材。鉄パイプや鉄筋などの鋼材。フローリングの床材や断熱材。はたまたコンクリートブロックなど。つまり街中の建設現場で見かけるほとんどのものを売っている場所があります。

それがホームセンターの資材館やプロショップと呼ばれる場所です。少し郊外のホームセンターのほとんどには、生活用品を販売しているエリアとは別にこの資材館があります。

営業時間も生活用品売り場とは別設定で朝の7時、もっと早いところでは6時から営業している店もあります。これから現場に向かう職人さんが今日使う資材を仕入れていくのです。

もちろん職人さん限定ではなく、我々一般客も大歓迎なのです。ぜひ一度覗いてみてください。こんなものまで売っているのかと驚きますよ。

見ているだけでワクワクする 電動工具、渋い一般工具

電動工具類は、ホームセンターの花形です。その中でも前にも紹介したインパクトドライバーと丸ノコと呼ばれる電動ノコギリはぜひ揃えておきたいエースです。

充電式の電動工具は同じメーカーの同じ形式の電池を使うものを揃えると電池が使い回しでき、本体だけを購入すれば良いので経済的です。

伝統的な金槌やカンナ、ノコギリなども様々な種類があり、選ぶのも楽しいです。

ものだけじゃない木材カット、工作室や配送、軽トラなどの多彩なサービス

ホームセンターは物を販売しているだけではなく、様々なサービスもあります。木材や金属などの材料を自分の欲しい寸法に切りそろえてくれるサービス。購入済みの材料を、備え付けの貸し出し工具を使い、自分で加工することのできる工作室。

他にも手持ちで持ち帰ることのできない大きな物の配送サービスや運搬用の軽トラックの貸し出しサービスがあります。

出会いやヒラメキのために出かけてみよう

ホームセンターに出かけると自分の知らなかった資材や工具に出会うことや、オススメ商品の使用例の展示物があったりします。そこから新しいアイデアのヒラメキが生まれたりします。ゼヒ足を運んでみることをお勧めします。

投稿者:

studiomaster

50代後半にしてDIYに目覚めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です